才能なくてよかった

探してるようなら、特別な才能はない

自分の才能を生かし好きなことをやって、生活してる人はうらやましい。

スポーツ選手とかアーチストとか。

そう思って、収入につなげられるような、自分の才能をしつこく探してみた。

結局、そんなものは見つからなかった。

そもそも、特別な才能があったなら、若い頃から才能の方が自分を突き動かして、やらずにおれないような気分になって、当たり前の日常として鍛錬を続けていただろうと思う。

そんなことやっていない時点で、私には特別な才能はなかったのだろう。

才能ないから、マイペースで幅広く経験できた

ということで、才能のない人生を生きてきたんだけど、それはそれでよかったんじゃないかと思う。

才能があったなら、その才能の延長で人生終わったんじゃないか。

才能がなかったから、制限なく、いろんなことが試せた。

才能があったなら、進む道は一本道だったろう。

才能がなかったから、迷いながら、いろんな道を歩けた。

才能があったなら、少なくとも、誰からも相手にされないということはなかっただろう。

才能がなかったから、余計なお世話を避けられた。

才能があったなら、変な輩が寄って来て、人生ひっかきまわされたかもしれない。

才能がなかったから、変な輩も寄り付かず、マイペースで生きられた。

才能があったなら、華やかな世界でずっと生きていたいと思っていたかもしれない。

才能がなかったから、日の当たらない世界も、けっこう楽しいということがわかった。

才能なかったから、面白かったんだよ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 Kakuto Takebayashi