不器用はかっこいい

不器用とは、まじめで責任感が強く、気がやさしいこと

不器用だから、コツコツとやるしかない」と書いてるように、私は自分の性質を表す時に、「不器用」という言葉をよく使うのだけれど、それを恥ずかしいことだとは思っていない。

不器用とは、まじめで責任感が強く、気がやさしいことと同義だと思ってる。

そんな性質だから、間違いはないか誰かに迷惑かけないかなど、いろいろ考えてしまって、自信を持って行動するのが難しい。

慎重になって、行動はぎこちなくなり、ゆっくりとしか進めない。

自分本位の単純な人間から見れば、どんくさく見えてしまうのだろう。

それでも、不器用は否定される

自分の感覚だけで、他人の迷惑考えず、失敗しても責任は他に押し付けようと思っていれば、何のちゅうちょもいらないから、スピードは速い。

実際、勢いだけでやれてしまうことも多いだろう……まわりを振り回しながら。

残念ながら社会は、そういう自分本位の「器用」な人間を、有能として上位に置く。

失敗しても、一生懸命やった結果だと大目に見るだろう……まわりは大いに迷惑していても。

一方、どんくさい「不器用」な人間は、やる気がない積極性がないと、散々だ。

人格まで否定されたこともあった。

そういう社会だから仕方がない。

自分本位の「器用」な人間になりたいなら、それも結構。

35年前くらいに、高倉健が「不器用ですから、……」とつぶやくCMがあったけど、私は不器用はかっこいいと思ってる。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021 Kakuto Takebayashi