誠実でいたいなら、だまされるのは仕方ない

だましあいが当たり前の社会

「正直者が馬鹿を見る」

「人を見たら泥棒と思え」

昔から言われてる言葉だから、やはり、現実なんだろうと思う。

実際、特に商売は「だましあい」だって、本気で信じてる人多いからね。

だまされた方が馬鹿だって話になる。

男と女の話でも、そういうの、よくありそうだよね。

それが人間という動物の習性だから、どうしようもない。

それで人間関係が成り立ってるのが不思議なんだけど、結局、相手を見て使い分けてるんだろう。

だましても害のない相手と、だましてるのがばれたら怖い相手。

怖がらせる力がない、私のような人間に選べるのは、そんな社会で自分がどう生きるかってことだけ。

社会に合わせて、うまくだましながら生きるか。

できるだけ誠実に生きるか。

どっちが気分的に楽かでしょうな。

誠実でいたいなら、だまされるのは仕方ない

誠実に生きようと思ったら、人を疑いにくくなる。

相手も誠実な人間だった場合、疑うことで傷つけてしまうから。

もちろん、容姿、職業、人種などで差別はできない。

むしろ、やっかいなのが、エリートの看板背負って、きれいな言葉で語る人。

大企業の社員とか医者とか。

悪意があっても、隠しやすいから。

誰が善人で悪人かなんて、本当にわからない。

悪人ばかりだと考えるのが無難だけど、それでは人生つまらなさすぎるし、そもそも生きにくい。

だから、あきらかに胡散臭いと思わなければ、信じてみるしかない。

誠実な人は、悪意ある人間にとって最高のカモ。

誠実な人の宿命だ。

1回くらい、相手によって仏の顔3回分は、だまされても良しとしよう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021 Kakuto Takebayashi