具体的な目標は、人マネにしかならない


具体的な目標を持てと、自己啓発書なんかではよく書いている。

もう既に実現しているかのように、五感でリアルに感じろみたいな。

でも、リアルに感じられるような目標って、人マネにしかならないんだよね。

どういうものかが明確にわからないと、具体的なイメージなんて無理だから。

 

結局、すでに誰かが実現したようなことしか、具体的な目標にはなりえない。

言い換えれば、それは過去の成功イメージ。

未来でも通用するかはわからない。

 

時代を変えるのは、天才か具体的な目標を持たない人


誰もやったことないような常識外を具体的にイメージしたら、それは空想。

空想をリアルに感じられるとしたら、それは天才か狂人。

いずれにせよ、世間からは馬鹿にされるだろう。

そのような、狂人扱いされる天才が、大きく時代を変えていくわけだけど。

 

一方で、普通の人が時代を変えることだって、よくあるだろう。

でも、人マネの目標を一所懸命リアルに感じてるような人には、絶対、時代は変えられない。

過去の成功イメージを大切にしたい人だから。

そもそもが、自己啓発書読んで「具体的な目標」とか「リアルに感じる」とかやってる時点で、超小物でしょ?

人よりいい暮らししてデカい顔したいくらいの、月並みな望みしかないはず。

 

逆に、具体的な目標などなく、ただ目の前の興味に一所懸命になってるだけの人なら、時代を変えうるかもしれない。

夢中になってるうちに、すごいことになっちゃってたみたいな感じで。

そういう人は、一時的に狂人になっていると言えるかもしれない。

 

たどり着いた場所が人生の目的地でいいじゃないか


だから、具体的な目標が持てない人は、無理に持たなくていいでしょう。

無理に人マネする必要なんかない。

その時その時の興味と偶然に従って生きればいいんじゃないの?

 

そして、最後にたどり着いた場所が人生の目的地。

少なくとも、誰のマネでもない自分だけのオリジナルな人生ができあがる。

ひょっとしたら、ものすごいことやっちゃってるかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング